合格体験記

わからないながらも、とにかくマニュアルに従って進めると。

おはようございます。
山口です。
いつもブログを読んでくださってありがとうございます。

本試験まであと、【214日】です。

2019年度の行政書士試験に対応した、マニュアルのご購入はこちらから↓
合格返金保証付き★先着20名様★
2019年度に完全対応!
【完全版】行政書士試験にわずか147日で合格したラクラク勉強法!

試験勉強には、「正しい勉強法」を知って実践することが、合格への近道となります。

「勉強法のマニュアル」は、行政書士試験突破のための、効率的な勉強法が、誰でも、直ぐに実践できる内容で書かれています。

必要なのは、正しいやり方であり、効率のいい隙間時間を活用した勉強法です。

だとすれば、スクール通信講座高額を投資して自ら受験地獄足を踏み入れる必要はありません

しっかりとメールサポートを活用し、マニュアルを実践すれば、今年度の試験には合格でき、翌年は登録開業できます。

そこで、勉強法(マニュアル)で、正しい勉強法(ノウハウ)を身につけて受験回数2回目で、前回から80点アップで、【平成29年度の試験に見事合格を果たされた松村様の合格体験記】の一部を抜粋してご紹介します。

どのような学習方法となるのか

全く未知の世界でしたので、本当に出来るのか、不安でいたときにインターネットで、通信講座や予備校の情報を調べていた時にマニュアルのご案内を拝見致しましたことがきっかけとなりました。と。

松村様の場合、初心者向けということで、基本テキストと問題集で学習を始めましたが、初めての法律用語の理解が難しく、とにかく読み進めるのが大変だったそうです。

けれども、それまで未知の世界であった法律や、社会の仕組みのことをテキストから教えてもらっている、という満足感や充実感のようなものもあり、学習そのものは集中すると結構楽しい時間となりました。

わからないながらも、とにかくマニュアルに従って進めるうちに、民法なら民法の全体像が次第にぼんやりとではありますが、

イメージできるようになって来る感覚で、更に問題を解くこと枝葉の知識少しずつ定着していくように感じられました

と、松村様は、マニュアルを実践して手応えを実感。

あなたは、今の勉強のやり方に疑問や不安を感じていませんか。

私と同じように5回も6回も中には8回も9回も受からなかった方ですら、勉強法(マニュアル)を実践して合格を果たしていますので。

今年、合格できるように、マニュアルで頑張りましょう。

こちらが、松村様が実践して合格した勉強法(マニュアル)です。↓
合格返金保証付き★先着20名様★
2019年度に完全対応!
【完全版】行政書士試験にわずか147日で合格したラクラク勉強法!

ありがとうございました。

無料レポートを読んでみませんか?

「受験回数5回目、60代の私がラクラク勉強法だけで独学で行政書士になれた理由とは?」

あなたは、知りたいとは、思いませんか?

無料レポートをダウンロードしていただくと、後日、勉強法のノウハウや、
合格体験記などの最新情報をブログよりも、いち早く、メルマガでご案内します。

ブログランキングに参加しています。
応援のクリックしてくださいね!

私のブログをいつも、応援してくださって、ありがとうございます。

ピックアップ記事

  1. 自己採点で194点
  2. 一般知識のテーマがドンピシャ!
  3. 5月の限定特典を公開しました。
  4. 行政書士試験の知識は、なぜあっという間に忘れてしまうのか。
  5. 「シェア」も「信頼」も『No.1』です。

関連記事

  1. 合格体験記

    ウジウジ悩んでいる暇は、ない!?

    おはようございます。山口です。いつもブログを読んでくださってあ…

  2. 合格体験記

    勉強法は、買うな。

    おはようございます。山口です。いつも熱心にブログを読んでくださ…

  3. 合格体験記

    マニュアルは行政書士試験以外にも使えるのか?

    おはようございます。山口です。いつも熱心にブログを読んでくださ…

  4. 合格体験記

    すべて、あなた自身ですし、あなた次第です。

    おはようございます。山口です。いつも熱心にブログを読んでくださ…

  5. 合格体験記

    あなただって合格できる。

    おはようございます。山口です。いつも熱心にブログを読んでくださ…

  6. 合格体験記

    私の「公開模試」と「予想模試」の攻略法!?

    こんにちは、山口です。いつもブログをご覧いただきありがとう…

新着記事

おすすめ記事

  1. こんな状況でも合格勉強法でも受かるの?
  2. 予め試験会場を確認しましょう。
  3. 不安や、焦りで、足踏み状態にならない。

カテゴリー

PAGE TOP