合格体験記

初心者。56歳でも受かるか?

おはようございます。
山口です。
いつも熱心にブログを読んでくださってありがとうございます。

2019年度の行政書士試験まで、あと、【83日】です。

願書の受付が始まっています。

もう、願書を提出されましたか?

是非、「合格勉強法」を実践し、今年度の合格を果たしましょう。

コチラから↓
合格返金保証付き★先着20名様★
2019年度に完全対応!
【完全版】行政書士試験にわずか147日で合格した勉強法!

そこで、今日は、【行政書士試験一発合格センター】事務局から、8月16日の20時30分メルマガが配信されましたので、抜粋してご紹介いたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
すでに、5,417名が実践しているこの勉強法は、
ご報告いただいた合格者のうち、91.8%の受験生が、
ご購入した年の試験で合格しています。

あなたの人生を変える「合格勉強法」のご購入はこちらから↓
http://www.infotop.jp/click.php?aid=340767&iid=2329

※2020年11月7日(土)正午で販売終了
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは。
行政書士試験一発合格センター 事務局です。

まずは、すでに「合格勉強法」を購入し、
実践している方からのコメントを紹介しましょう。

弱点克服、この連休が最後のチャンスととらえ、
モチベーションを 落とさず乗り切ります。

お盆期間中ですが、周りに流されずに勉強は
できていると思います。

今月末に到達度確認模試の2回目の会場受験が
あるので、一般知識対策を行なって、受験する
予定です。

願書をもらいに行って来ました。

ゆっくりペースですが、頑張ります。

どうぞよろしくお願いします。

残り86日、だれずに走り抜けます!

勝負の夏がやってきました。一日一日しっかり
取り組んでいきます。

よろしくお願いします。

一緒に「合格勉強法」を実践し、
今年度の合格を果たしましょう。

「合格勉強法」のご購入はこちらから↓

択一だけで合格ラインを突破し、200点以上の
高得点で短期合格を果たす勉強法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=340767&iid=2329

※2020年11月7日(土)正午で販売終了

ところで、

毎年、このようなご質問をいただきます。

いえ、「毎月」といったほうがいいかもしれません。

今回は、「合格勉強法」のご注文時の備考欄に
このようなコメントをいただきましたので、
お返事を差し上げました。

坂庭からの回答とあわせてご紹介しますので、
是非、あなたも参考にしてください。

(ここから)

初学者です。年齢は今年56歳です。

最初で最後の挑戦と覚悟して受験します。
只今通信教育を受けてます。

受験まであと少しですが、勉強法をお願いして間に合いますか?

現在、夫と自営しているため8時から夜9時近くまで仕事です。

最初で最後のチャンスを生かしたい。

本気の気持ちです。よろしくお願いします。

(ここまで)

坂庭からの回答はこうです↓

(ここから)

こんにちは。
行政書士の坂庭です。

ご注文ありがとうございます。

「今からでも間に合いますか?」とのことですが。

「ご本人次第です」としか言えません。

実際に今からでも受かる人はいます。

ただし、私たちは「詐欺」ではないので、
「絶対に今からでも間に合います」とは
言えません。

ですので、もし、ご心配でしたら、お振込みは
ご遠慮ください。

「今からでも間に合わせる」

「今からでも今年の合格を果たす」

と思ったらお振込みください。

甘い言葉で「合格勉強法」を売ることは簡単ですが。

依存されても困りますし、受からなかったときに
私たちの責任にされても困りますので。

すべてご自分次第ですし、ご自分の判断でお願いします。

坂庭

(ここまで)

以上です。

そうは言っても、

「本気で行政書士を目指しているけど、今からじゃ
今年の合格は厳しいよなぁ」という受験生が非常に多いです。

もちろん、今からでも不可能ではありません。

すでに受験回数が多い方や、インプットなどの
基礎が出来ている方であれば、十分、今年の
合格も狙えます。

狙えますし、今からでも、今年度の合格は不可能ではありません。

実際に、今頃の時期から「合格勉強法」を実践して
合格する受験生が、毎年、多数いらっしゃいます。

まだまだ、今年度の合格は十分狙えます。

この時期になると、「予想問題集で200点越え」
「択一だけで180点越え」というご報告も届き始めています。

あなたは、どうですか?

本試験まで、あと、85日です。

こちらを活用して今年度の本試験に合格しましょう。
http://www.infotop.jp/click.php?aid=340767&iid=2329

※2020年11月7日(土)正午で販売終了

また、期間限定で販売している、「合格勉強法」の
副教材、【穴埋め条文問題集も】も併せてご活用いただくと、
より、効果的です。

●穴埋め条文問題集
http://info-sakaniwa.com/url/joubun_190816.html

過去にご購入者いただいたことのある方は
下記のフォームよりご連絡ください。

弊社でご購入歴が確認できましたら【半額専用】
ご注文フォームをご案内します。

●穴埋め条文ご購入歴連絡フォーム
https://55auto.biz/sakaniwa/regires.php?tno=687

穴埋め条文問題集の販売は、8月31日(土)19時までです。

それではよろしくお願いします。

ありがとうございました。

行政書士試験一発合格センター 事務局

(追伸)

「以前から、勉強法(マニュアル)が気になるけど、
一歩踏み出せない」という方のために
坂庭が無料で相談に乗ります。

勉強の方向性を固めて、あるいは体勢を立て直して、
一緒に今年度の合格を果たしましょう。

【購入前の無料電話相談(担当:坂庭)】

自らも短期一発合格を果たし、現役行政書士の
坂庭が直接、電話にて無料でご相談に乗ります。

・1回のみ無料
・一人30分
・電話

下記のフォームよりご連絡ください。

●坂庭電話相談(無料)お申し込みフォーム
https://55auto.biz/sakaniwa/regires.php?tno=664

お時間になりましたら、こちらから事務所の固定電話
または坂庭の携帯から直接ご連絡します。

————————————————————–
2019年度・2020年度の合格を目指す受験生がすでに実践しています。
————————————————————–

あなたの人生を変える勉強法のご購入はこちらから↓

※2020年11月7日(土)正午で販売終了

◎勉強法は、3万4560円(税込)

◎冊子版には別途送料が3000円

増税に伴い、10月以降は消費税分を値上げします。
予めご了承ください。

いかがでしたか。

行政書士試験の問題は、何が出るか予測不能でしたので。

私は、石井先生のアドバイス通りに配点の高い「行政法」と「民法」に時間を割いていました。

あなたも、「合格勉強法」をしっかりと実践すれば、直前期には相当の手ごたえを感じるはず。

ありがとうございました。

無料レポートを読んでみませんか?

「受験回数5回目、60代の私がラクラク勉強法だけで独学で行政書士になれた理由とは?」

あなたは、知りたいとは、思いませんか?

無料レポートをダウンロードしていただくと、後日、勉強法のノウハウや、
合格体験記などの最新情報をブログよりも、いち早く、メルマガでご案内します。

ブログランキングに参加しています。
応援のクリックしてくださいね!

私のブログをいつも、応援してくださって、ありがとうございます。

ピックアップ記事

  1. ダウンロード版と冊子版で迷っている方からの質問の回答!
  2. マニュアル実践者からのコメントが届きました。
  3. 中学の後輩のエピソード
  4. 行政書士試験の勉強を継続させるコツ。
  5. 天才とは99%の汗と

関連記事

  1. 合格体験記

    今は、勇気を出してマニュアルを購入して「よかった」という一言に尽きます。

    おはようございます。山口です。いつもブログを読んでくださってあ…

  2. 合格体験記

    「初めてみる問題で、6割取れることが大切」

    おはようございます。山口です。いつも熱心にブログを読んでくださ…

  3. 合格体験記

    自分の可能性を信じて、「今、直ぐに。」

    おはようございます。山口です。いつもブログを読んでくださってあ…

  4. 合格体験記

    「まだ4月」とはいいながらも、もう200日もないですね・・・

    おはようございます。山口です。いつもブログを読んでくださってあ…

  5. 合格体験記

    前回の足切りから206点で見事合格!

    おはようございます。山口です。いつもブログを読んでくださってあ…

  6. 合格体験記

    開業グルコン&合格祝賀会のご紹介

    おはようございます。山口です。いつも熱心にブログを読んでくださ…

新着記事

おすすめ記事

  1. 不安や、焦りで、足踏み状態にならない。
  2. 令和2年度の本試験での合格を目指すあなたのために
  3. あらかじめ本試験会場の確認をすること。

カテゴリー

PAGE TOP