合格体験記

開業しても稼げるのか?

おはようございます。
山口です。

いつも熱心にブログを読んでくださってありがとうございます。

6月になり、これからどんどん湿度も気温も高くなりますので、バテないようにお互いに注意しましょう。

新しい時代 “令和” に突入し、1ヵ月が過ぎました。

2019年度の行政書士試験まで、あと、【157日】です。

いかがお過ごしでしょうか。

さて、今日も、【行政書士試験一発合格センター】事務局から、昨日午後4時メルマガが配信されましたので、抜粋してご紹介させていただきます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
すでに、5189名が実践しているこの勉強法は、
92.1%の受験生が、ご購入した年の試験で合格しています。

2019年度の本試験に対応した、
「合格勉強法」のご購入はこちらから↓
http://www.infotop.jp/click.php?aid=340767&iid=2329
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは、坂庭です。

まずは、すでに「合格勉強法」を購入し、
実践してくれている受験生のコメント
ご紹介しよう。

いつも大変お世話になっております。

6月に入り、月日の経つのがとても早いと
あらためて感じております。

現在、民法、行政法と、条文問題集、一問一答問題集と
学習を進めていますが、6月からはいよいよ、予想問題や
記述式問題等にも取り組んでいかなければと、自分を奮起
させています。

メルマガ等を拝聴、拝読するたびに心が奮い立たされるとともに、
問題が解けることが楽しくなってきています。

今後ともよろしくお願いします。

すべき各学習を各科目としてこなしていく次第です!

今月は憲法と民法の教科書二周目と問題演習です。

お世話になっております。

実は今、しばらく怪我のために仕事休んでおりまして、
あと2週間休む予定です。

この間にしっかり勉強をと思っています。

坂庭先生、石井先生、
いつもお世話になっております。

やらずに後悔する、参加せずに後悔することのないように、
やるべきこと、やれることは全てやって、絶対に令和初の
合格者になります。

引き続きご指導を宜しくお願い致します。

今年度の合格を一緒に掴みとろう。

「合格勉強法」のご購入はこちらから↓

択一だけで合格ラインを突破し、200点以上の
高得点で短期合格を果たす勉強法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=340767&iid=2329

さて、

新年度がスタートし、新しい環境、
新しい生活にも、ある程度慣れ、

ちょうど、今頃から行政書士を目指して
勉強を始める方が、非常に増えている。

あなたは、もう、一歩も二歩も踏み出しただろうか?

もう、ゴールデンウィークは終わってしまった。

忙しい社会人にとって、貴重な、まとまった
休みだったはずだ。

・年末年始
・ゴールデンウィーク
・夏季休暇

社会人は、これくらいしか、まとまった
休みが取れない。

すでに、「年末年始」「ゴールデンウィーク」は過ぎたため、
近いところで言うと、次は夏休み

それまでは、日ごろのスキマ時間を効率的に活用し、
どんどんインプットを進めたいところだ。

くれぐれも、1分1秒を無駄にしないように、
あらゆるスキマ時間を勉強に充ててほしい。

ところが、忙しい社会人にとってもう1つだけ
集中でき時期がある

それが「梅雨」だ。

外出が面倒になり、腰も重くなるこの時期は、
図書館やカフェ、自宅にこもり、思い切り、
勉強しよう。

さて、新年度になると、毎年、このような
ご相談をいただく。

受験生から、「行政書士って、稼げるんですか?」と。

もちろん、「稼げるか、どうか」重要なポイントだろう。

でも、稼げるからといって、興味も関心も無い
仕事ができるか?という問題もある。

(私は無理だが)

「稼げるか、どうか」も重要だが、それ以上に、
「その仕事をしたいか、どうか」だ。

と言ったところで、キレイごとにしか
聞こえないだろう。

実際にいただいたご質問とあわせて、
私からの回答を。

(ここから)

>【受験回数】: 今年が初めて

今年が初めて、ということですね。

>【ご意見・ご感想・ご質問】:
>Mと申します。
>縁あって、先生のページにたどり着きました。
>以下長文の質問どうぞお許しください。

拝見しました。

回答に必要な個所だけ引用させて
いただきます。

>しかしいかんせん勤務しながらのため、そばに先生がいて、
>最短の道を教えてくれるわけではありません。
>(最近の学習教材は良書が多いと思いますが)

そうですね。

お仕事の都合やご家庭の事情で、
スクールなどに通える方ばかりでは
ありませんからね。

>サイトを拝読しましたところ、生活パターンによって
>勉強方法を変える必要があるとのことでしたので、ぜ
>ひアドバイスをいただき、もちろんお金はかかりますが、自分のこ
>れからを今の境遇から逃げることなくできれば、とても有効な投資
>だろうと思い、意を決してメールを差し上げた次第です。

厳密にいうと「生活パターンによって勉強方法を
変える」のではなく、

「生活パターンに応じた、勉強スタイルを
確立する必要がある」ということになります。

効率の良い勉強法は、変わりませんので
誤解のないようにお願いします。

効率の良い勉強法は、変わりません。

その一方、

一口に、

・専業主婦
・サラリーマン
・学生

といっても、お子さんの年齢や、
残業の有無バイトの有無によって、
一日に使える時間も違えば使える時間帯も
違ってきます

また、予算、生活サイクルご本人の希望
向き不向きによって

・通信
・通学
・独学

などの勉強形態も異なってきます

そこで、効率の良い勉強そのものは
変わりませんが、予算や、各自の生活パターンに応じて、
こちらで、最適な勉強スタイルをご提案しますよ、
というものです。

>そこでお伺いしたいのは、
>1)普段の生活パターンにあった勉強法について
>どの程度アドバイスをいただけるか

「合格勉強法の」ご購入後、専用フォームにて
オリジナル勉強法といって、下記の内容をお聞きし、
個別で勉強の計画を無料アドバイスしています。

・年齢
・職業
・お住まいの都道府県、市区町村
・起床時間
・就寝時間
・通勤時間(通学時間)
・通勤方法(通学方法)
・会社の勤務時間
・受験回数
・上記で1回目以上の方は、前回受験時の得点を法令科目の択一式、記述式、一般知識
・受験予定年度
・家族構成
・休日の過ごし方
・資格スクールや通信を受けている場合にはその内容、受けていない場合には、検討している勉強形態
・現在の勉強時間
・現在、勉強している具体的な時間帯
・その他、詳細

などをお聞きしています。

当然、詳しくご記入いただければ、それだけ、
詳しくアドバイスが出来ます。

>2)合格した後、外国人業務の拡大可能性
>(必要ならば需要のあるところに引っ越そうと考えています)は
>どの程度なのか。を是非購入前にお伺いしたく存じます。
>貴重な時間をいただきありがとうございます。
>ご返事をお待ちしております。
>

まず、「拡大可能性」というのは、一概には
言えません。

というのも、法改正によって、拡大することもあれば、
縮小することもあります。

極端な話、法律1つで儲かったり、潰れたりしますからね。

それに、拡大する可能性がある魅力的な業務であれば、
当然、同業者が多数参入してきますから。

そのため、「拡大可能性=稼げる」と思わない方が
良いでしょう。

それよりも、「ニーズがあるニッチな業務」
自力で開拓するスキルを磨く必要があります。

また、「引っ越す」とのことですが、正直、
現実的とは思えません。

稼げる業務を見つけて参入しても稼げなかったり、
稼げなくなったら、また、別の業務のために、
引っ越しますか?

今は、ITの時代です。

どこにいても、日本国内はもちろん、海外にいる
見込み客にもアプローチできます。

むしろ、

「どうしたら、この業務をネットだけで完結できるか?」
全神経を集中した方が良いでしょう。

実際に、私はネットだけで稼いできましたから。

つまり、

◎ニッチな業務を自力で開拓するスキル

◎ネットを活用して集客するスキル

この2つを身につけてしまえばどこにいても
いくらでも稼げます

これらのスキルのことをマーケティングといいます。

マーケティングは科学です。

「科学」というのは、誰がやっても、同じ成果が
得られることをいいます。

行政書士の扱える書類の数は数千〜1万種類以上とも
言われています。

マーケティングさえ、しっかりと身につけてしまえば、
何をどうやっても稼げますのでご安心ください。

それよりも、まずは、資格を取ることです。

一歩踏み出せない受験生に限って、開業後のことを
あれこれと心配し、

結局、

何年も同じ生活を送り、人生を切り開けないまま、
いろいろな資格や仕事に目移りし、フラフラしてしまいます。

そのため、私は基本的には受験生には開業後の
アドバイスはしておりません。

どうか、ご理解ください。

合格後は、開業のアドバイスやマーケティングも
教えています。

合格したら、是非、そちらの情報でスキルを身につけ、
稼いでください。

どうやっても稼げますから。

安心して、今は、勉強に専念し、最短で受かることだけ
考えましょう。

ご相談、ありがとうございました。

坂庭

(ここまで)

あなたも、是非、安心して、今は
勉強に専念してほしい。

これだけ業務範囲が広ければ、どうやったって
稼げる。

実際に、5月には都内で合格者とグループコンサルを行い
午前10時〜午後5時まで、みっちり無料コンサルを行った。

プロジェクターとホワイトボードを使って、
有料セミナー並みの内容だ。

苦労してもぎ取った資格を活かし、今度は
稼げるように、徹底的にアドバイスする。

そして、翌日は都内の高級ホテルの宴会場で
合格祝賀会

これが、楽しくないはずがない。

あなたも、今年の試験で合格を果たし、
来年は開業して、行政書士になろう。

ちなみに、開業のコンサル交流会は、下記の
「合格勉強法」を購入し、合格した方だけ、参加できる↓
http://www.infotop.jp/click.php?aid=340767&iid=2329

是非、あなたも、来年は都内の高級ホテルで
お会いしよう。

では。

坂庭

(追伸)

「以前から、勉強法(マニュアル)が気になるけど、
一歩踏み出せない」という方のために
坂庭が無料で相談に乗ります。

勉強の方向性を固めて、あるいは体勢を立て直して、
一緒に今年度の合格を果たしましょう。

【購入前の無料電話相談(担当:坂庭)】

自らも短期一発合格を果たし、現役行政書士の
坂庭が直接、電話にて無料でご相談に乗ります。

・1回のみ無料
・一人30分
・電話

下記のフォームよりご連絡ください。

●坂庭電話相談(無料)お申し込みフォーム
https://55auto.biz/sakaniwa/regires.php?tno=664

お時間になりましたら、こちらから事務所の固定電話
または坂庭の携帯から直接ご連絡します。

————————————————————–
2019年度の合格を目指す受験生がすでに実践しています。
————————————————————–

2019年度の本試験に対応した、勉強法のご購入はこちらから↓
http://www.infotop.jp/click.php?aid=340767&iid=2329

いかがでしたか。

「合格勉強法」をしっかりと実践することで。

◎初めての受験で一発合格

◎すでに何度も受験に失敗していたものの「合格勉強法」を買った年に合格

◎200点を超える高得点で合格

◎記述抜きの択一だけでも、自己採点の段階で合格を確信

◎定年ちかい年齢でも合格

という成果をあなたも、実感するはず。

合格率1桁の行政書士試験に突破する「勉強方法」は、こちら↓
合格返金保証付き★先着20名様★
2019年度に完全対応!
【完全版】行政書士試験にわずか147日で合格したラクラク勉強法!

ありがとうございました。

無料レポートを読んでみませんか?

「受験回数5回目、60代の私がラクラク勉強法だけで独学で行政書士になれた理由とは?」

あなたは、知りたいとは、思いませんか?

無料レポートをダウンロードしていただくと、後日、勉強法のノウハウや、
合格体験記などの最新情報をブログよりも、いち早く、メルマガでご案内します。

ブログランキングに参加しています。
応援のクリックしてくださいね!

私のブログをいつも、応援してくださって、ありがとうございます。

ピックアップ記事

  1. 超効率的な「ノウハウ」が必要
  2. 行政書士じゃなきゃ、ダメなんだ。
  3. 短期一発合格の戦略
  4. 超効率的な「ノウハウ」が必要
  5. 「ゴロ合わせ教材」の販売は今日です(8日間限定)

関連記事

  1. 合格体験記

    【期間限定】2019年度マニュアル先行割引のご案内(先着20名様限定)

    おはようございます。山口です。いつも熱心にブログを読んでくださ…

  2. 合格体験記

    ネット上の情報教材は、怪しい!?

    おはようございます。山口です。いつも熱心にブログを読んでくださ…

  3. 合格体験記

    一般知識の『政治・経済・社会』の勉強はテキストでの学習よりも

    おはようございます。山口です。いつも熱心にブログを読んでくださ…

  4. 合格体験記

    今度は、あなたが、実践してみましょう。

    おはようございます。山口です。いつも熱心にブログを読んでくださ…

  5. 合格体験記

    行政書士試験は、あなた自身の勉強!!

    こんにちは、山口です。いつもブログを読んでくださってありがとうござ…

  6. 合格体験記

    勉強法(マニュアル)の講師プロフィール

    おはようございます。山口です。いつもブログを読んでくださってあ…

新着記事

おすすめ記事

  1. こんな状況でも合格勉強法でも受かるの?
  2. 予め試験会場を確認しましょう。
  3. 不安や、焦りで、足踏み状態にならない。

カテゴリー

PAGE TOP