合格体験記

行政書士試験に、あなたが受からない最大の理由 第一弾!!

おはようございます。
山口です。

いつもブログを読んでくださってありがとうございます。

今日は、

私が実践して合格した「勉強法のマニュアル」の講師である坂庭先生からマニュアル未購入者へのメルマガ配信の一部を引用してご紹介します。

是非、最後まで、読んでくださいね。

第一弾として、坂庭先生の受験生活を坂庭先生ご自身が、激白しています。

坂庭です。

もしかして、有名通信講座や高額なスクールに通えば
短期合格できると思っていないだろうか?

だとしたら、かなりキケンだ。

私も「合格率1ケタの行政書士試験に短 期合格するなら、
スクールに通うしかない」と思っていた。

合格率1ケタの人気国家資格に独学で受かるなんて思いもしない。

もしかしたら、あなたも同じ考えではないだろうか?

実は、これが大きな間違い。

致命的な過ちだと言っておこう。

もっと、言ってしまうと、これが「受験地獄への第一歩」だ。

なぜなら、、、

その理由は

いよいよ「その理由としての第一弾」は、こちらです。

なぜなら、

通信講座やスクールに通えば通うほど、受験回数が伸びるから

実際に、私は会社を辞め、20万円以上もスクールに投資し、毎日、12時間以上も、それこそ、死に物狂いで勉強した。

ところが、模擬試験を受ければ受けるほど得点が下がり、本試験の2週間前。

最後の模擬試験では、あろうことか、「合格圏外」に・・・。

それでも、「ここからV字回復して合格圏内に再突入しているはずだ」

そう言い聞かせて本試験に臨んだ。

臨んだが。

試験当日の夜、自己採点をして、愕然とした。

あれほど死ぬ気で勉強したのに、合格ラインをギリギリで、不合格かもしれない状態だったからだ。

あなたも、同じではないだろうか?

スクールで配っていた解答速報を引ったくるようしにて手に取り、

車のカギを締め、

ランプをつけ、

焦りと緊張のあまり、

震える手で自己採点したのをつい先ほどのように思い出す。

自己採点が終わった直後は、そのままスクールの駐車場に停めた車の中で、絶望的な気持ちになった。

なぜなら、1問差でギリギリだったからだ。

スクール各社の解答は割れ、試験センターの正式な合格発表を待つしかない。

年明けの合格発表まで、2カ月以上もある。

あなたには想像できるだろうか?

「生きた心地がしない」とは、まさに、このことだろう。

「もし、これで不合格だったら、来年は、どんな勉強をすればいいのだろうか・・・」

「すべてを犠牲にして死ぬほど勉強したのにこれでも受からなければ、何年やっても受からないかもしれない・・・」

「いや、今回、受かっていなければ、もう終わりだ・・・」

まさに、絶望的な気持ちだ。

なんとか、辛くも受かったが。

あなたも冷静に聞いてほしい。

私みたいな「まぐれ」を除いて、通信講座やスクールを活用している間は、残念ながら短期合格は不可能だ。

「そんなことはない!有名通信講座や大手資格スクールの合格率は高いじゃないか!」

あなたは、そう言うかもしれない。

でも、あんな数字、デタラメだ。

業界の裏側を暴露しよう。

一度しか模擬試験を受けていない受験生も受かると「合格者」としてカウントし、水増しするのが当たり前の業界。

これは、行政書士受験界に限ったことでは、ないが。

「合格者を水増し、合格率を不当に引き上げている」

ローカルな世界では、生徒獲得に躍起になり、これで資格スクール同士のトラブルが勃発し、訴訟に発展している地域もあるのをご存知だろうか?

毎年、「合格者数」や「合格率」を水増しして、誇大広告を行い、「あっちはデタラメだ」「こっちが正しい」と主張し合っている。

まぁ、その水増しに加担している合格者も合格者だが。

一度しか模擬試験を受けていないにも関わらず、「祝賀会」に誘われるとノコノコ参加し、タダで飯を食い、「合格者の声」に作文を書き、数千円の謝礼をもらって浮かれている。

その水増しに騙されて数字を鵜呑みにし、「新たなカモ」がスクールに通ってしまう、という図式だ。

これが業界の裏側。

フツーに考えて、すべての本科生にヒアリングし、合否を確認できると思うだろうか?

どう考えても物理的に不可能。

電話か?

メールか?

DMか?

不可能だ。

どう考えても。

業界の裏側を知れば知るほど、「こんな腐りきった業界、崩壊してしまえ」と思う。

講師は資格ホルダーであっても開業しても稼げない行政書士が給料で雇われている世界。

雇われ行政書士のサラリーマンだ。

もはや、「起業家」や「経営者」とは言えない。

もちろん、稼ぎ方として、それがダメとは、言わないが。

少なくとも、私たちは、そのような通信講座やスクールの講師とは、一線を画している。

ま、そんなわけで、数字はデタラメである、と。

いかがでしたしょうか。

私は、実際に坂庭先生の受験生活を「突撃インタビュー」をしたときに、お話を聞かせて頂きました。

『絶対に、私のマネはしないように。』

と、坂庭先生は、おっしゃていました。

石井先生の受験生活とは、真逆でしたので、驚きました。

短期一発合格者でマニュアル作成者でもある現役行政書士の石井浩一先生は、市販のテキストで、独学で200点越えでしたので。

その坂庭先生と石井先生のお二人は、

これまで、毎年、短期合格者を輩出している行政書士試験の受験指導のプロ中のプロ。

ですから。

「受験生全員に合格して欲しい」という強い熱意を持って、私達にアドバイスやサポートまでしてくださっている勉強法なのです。

その勉強法がこちら↓↓
合格返金保証付き★先着20名様★
平成30年度に完全対応!
【完全版】行政書士試験にわずか147日で合格したラクラク勉強法!

最後まで、読んでくださってありがとうございます。

ここで、

最後まで、読んでくださったあなただけに坂庭先生からの『お知らせ』をお伝えします。

特別に、【今月中】にマニュアルをご注文&お支払いをしてくれたら、対談音声をプレゼントしてくださるそうです。

それが、こちら

特別特典として、短期合格者で現役行政書士2名の私たちの【対談音声】をつけることにしました。

この音声だけでも、1年間、あなたも勉強を頑張れるはずです。

ツラいとき、挫折しそうなとき、投げ出しそうなとき。

是非、繰り返し、繰り返し、聴いて、自分を励まし、完全燃焼して下さい。

この対談音声は、【11月30日(木)】までにご注文&お支払いが完了した受験生だけの特別特典となっています。

今なら【合格返金保証付き】です。

⇒料金・お申し込み

よろしくお願いいたします。

無料レポートを読んでみませんか?

「受験回数5回目、60代の私がラクラク勉強法だけで独学で行政書士になれた理由とは?」

あなたは、知りたいとは、思いませんか?

無料レポートをダウンロードしていただくと、後日、勉強法のノウハウや、
合格体験記などの最新情報をブログよりも、いち早く、メルマガでご案内します。

ブログランキングに参加しています。
応援のクリックしてくださいね!

私のブログをいつも、応援してくださって、ありがとうございます。

ピックアップ記事

  1. 本日から、5日間にわたって無料動画セミナーを お届けいたします。
  2. マニュアルは費用に見合いますか?
  3. 早い段階で基本書の全体像が見えてきました。
  4. 合格する無限の可能性
  5. 私のニックネームの エピソードを。

関連記事

  1. 合格体験記

    中学の後輩のエピソード!!

    おはようございます。山口です。いつもご愛読ありがとうございます…

  2. 合格体験記

    何か一つでも素直に実践してみましょう!

    こんにちは、山口です。いつもブログを読んでくださりありがとうござい…

  3. 合格体験記

    モチベーションの上げ方(本試験まであと95日)

    おはようございます。山口です。いつも熱心にブログをお読みいただ…

  4. 合格体験記

    行政書士試験の勉強は、鉄は熱いうちに打て

    おはようございます。山口です。いつも熱心にブログを読んでくださ…

  5. 合格体験記

    人生をバラ色にするには?

    おはようございます。山口です。いつも熱心にブログを読んでくださ…

  6. 合格体験記

    このような受験生は買わないでください。

    おはようございます。山口です。いつもブログを読んでくださってあ…

新着記事

おすすめ記事

  1. 絶対に独学でやるべきです。
  2. まだまだ、伸びる(一般知識対策)
  3. 私の直前期、体験談。

カテゴリー

PAGE TOP